ゲーテ ポイエーシス的自然学の想像力:色彩論と生成する自然の力の源泉【商品番号:351】 | mirai online shop

1/1

ゲーテ ポイエーシス的自然学の想像力:色彩論と生成する自然の力の源泉【商品番号:351】

¥ 5,940 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

人間の精神が最も活動的になる時、その溢れ出る源泉とは何か? カントが沈黙した地点で、ゲーテは語り続けた──。
芸術と科学の知られざる共通の根を「Phantasie(想像力)」と捉え、その奔放な創造性の秘密に、
「啓蒙主義的理性の底」を踏み抜いて迫ったゲーテ自然学の構想を、色彩論を柱に読み解く。

著者:畑 一成
サイズ A5判/ページ数 320p/高さ 21cm
ISBN:9784909783516


------ 目次 ------

■第1部:ゲーテの自然学と色彩論
 第1章「自然とその反動」芸術としての学/力を呑み込む自然/シェリングの双極化した力/…
 第2章「色彩の四つの領域」色彩を帯びた影と本当の色彩/暗闇の中の物理学的色彩/色彩感情と色彩環/…
 第3章「原現象」原現象の現実性と同一性/あらゆる植物の部分の根源的同一性/色彩の根源の探究/…

■第2部:カント認識論の反映におけるゲーテ自然学の方法論
 第4章「カントの「アプリオリな総合判断」とゲーテのアプリオリ」原形態の認識論的カテゴリー化/…
 第5章「直観的悟性」直観を通じてか概念を通じてか/カントにとっての発展の原理/判断力か悟性か/…
 第6章「想像力:自然のように産出的」大公妃マリア・パウロヴナ宛ての手紙/理念としての形態/…

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 5,940 税込

同じカテゴリの商品
    最近チェックした商品