ロボットをソーシャル化する  「人新世の人文学」10の論点【商品番号:363】 | mirai online shop

1/1

ロボットをソーシャル化する  「人新世の人文学」10の論点【商品番号:363】

¥2,530 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

1950年代にはじまった第一次人工知能ブーム、1960年代からの第二次人工知能ブームに続く第三次人工知能ブームを経た現在、ロボットやAIをめぐる期待論と脅威論は噛み合うこともなければ、歩み寄ることすらもない。この断絶を挟んだ両立場の溝を埋めるために、人文学にできることは何か?
・ロボットのデザインに求められる「弱さ」
・AIが惹起する恐怖
・労働、所有、責任概念の変貌
・AI論が忘却する哲学的思考
・AI論で問われる法の陥穽
・AIの導入が目指す「未来の教室」etc.
現状の技術の正確な理解をふまえ、思想史、社会科学、教育学など多角的な視点から、人新世におけるロボット=AIと人間のスリリングな共生──この10年の社会ビジョン──を具体的に提言する人文学の挑戦。"
ロボットやAIをめぐる正確な理解をふまえ、思想史、社会科学、教育学など多角的な視点から、人新世におけるビジョンを提言する。

松浦和也 編著
サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 21cm
ISBN:9784909783639


------ 目次 ------

はじめに

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,530 税込

同じカテゴリの商品
    最近チェックした商品