現象学 未来からの光芒 ─新田義弘教授 追悼論文集【商品番号:372】 | mirai online shop

1/1

現象学 未来からの光芒 ─新田義弘教授 追悼論文集【商品番号:372】

¥ 2,970 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

フッサールの直弟子にして共同研究者であったE・フィンクに師事し、日本の現象学を切り拓いた新田義弘。その先駆的な哲学を解き明かし、来たるべき現象学の多様な展開像を示す。
鷲田清一、谷徹、村田純一、斎藤慶典、河本英夫をはじめ、新田氏と親交を結び、その薫陶を受けた日独、第一線の哲学者らが綴る、渾身の追想と現象学の未来。

新田義弘(にった・よしひろ)
1929年生。東北大学文学部卒。東洋大学教授、2000年定年退任、同大学名誉教授。
専攻は現象学、解釈学。1969年よりドイツにわたり、現象学の創始者であるE・フッサールの弟子にして共同研究者でもあったE・フィンクに師事。
フッサールの後期思想を日本で初めて本格的に論じた『現象学とは何か』(紀伊國屋新書、1968年)は、鷲田清一氏をはじめ、現象学を志す若き研究者たちのバイブルとなった。
『哲学の歴史──哲学は何を問題にしてきたか』『世界と生命──媒体性の現象学へ』など著書多数。2020年3月15日、没。


編者:河本英夫
サイズ A5判/ページ数280 p/高さ 21cm
ISBN:9784909783721

------ 目次 ------
鷲田清一「学恩を超える恩」
河本英夫「活動態の現象学」
谷徹「新田現象学と歴史」
村田純一「近さと隔たり」
山口一郎「媒体性の現象学に向かって」
高橋義人「文学と哲学の間」
稲垣諭「生きられた知の論理とその外部」
斎藤慶典「世界の存在構制と自由の/という可能性」
H・R・ゼップ「媒体としての人間」
B・ヴァルデンフェルス「東洋と西洋との出会い」 …他

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 2,970 税込

同じカテゴリの商品
    最近チェックした商品